読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳だけど新卒で就活する

本当は28歳です。

4/24 情報戦ってなんだ?

「就活は情報戦」

と、映画『何者』でもそんなセリフがありましたし、友人からも聞きました。

「情報戦」と言われると、「たくさん就活情報を得たやつが勝ち」と思われるかもしれません。それも一理ありますが、情報収集を進めると、社会には正解がないと気付きます。混乱します。

 

しかし、合格点もゴールもない就活ってやつをはじめた頃よりも、

「今の時点で、何がやりたい?何をやりたくない?」

「今の時点で、私の大切にしていることは?」

「もし、私がただ一言だけ言えるとして。その通りに世の中が動くとして。今、私は、何を言うだろう?」

ということがハッキリしました。ハッキリし過ぎていて、頑固さも生まれつつあるのですが…。

 

…が、

 

そういったことを知れたのも、たくさんの社会人の方にインタビューさせていただいたおかげかな と。

会社って、本当にいっぱいあるよねぇ。作ろうと思えば自分で作れるし、会社作らなくても実力があれば、ご飯食べられるし。志望校決めるのとワケが違う。星の数ほどある。

 

OB訪問という名目で、最初は志望業界の、メチャクチャ有名な大企業の方々とお会いしました。その後、そこからのツテで、似た業界の他社の方とお話させていただいて、社員さんを紹介していただいてインタビューさせていただいたり、模擬面接していただいたり。

また、別口で、私から色んな社会人の方とアポを取って、お会いして、「他に◯◯社とか、××社とか見てみたら?」と勧められた企業の方に、またアポ取って、お会いして…。

 

とにかく、枝を大事に大事にして、情報収集と自分のやりたいことの削り出しをやりました。

情報戦とは、情報提供者を大切に大切に扱うことなのではないか と思うようになりました。情報をくれる人を味方につけること。クランを組むことなのではないか と。

 

漠然としていますが、

・情報を提供してくださる方を飽きさせないぞ!というサービス精神

・情報提供者のメンツを立てるぞ!という舎弟精神

・ググれカス!と言われない程度の情報収集力

は、必要だなぁ と、アラサーの就活生は思いました。