30歳だけど新卒で就活する

本当は28歳です。

4/4 社会人という言葉を吐き出すだけで気持ちよくなる人がいる

35日目

・次に説明会に行く企業の方にOB訪問

・説明会に行く企業と今まで説明会に参加した気持ちのIR情報を見る

 

私は、就活や企業で働くことを「社会との接点を持つため」と思っています。定期的な収入や所存を持つことで、交友関係が広がりやすくなると思うからです。

でも、「社会」ってなんやねん?「社会人」ってナニ?と思うこともあります。

 

15歳でフリーターになって、今までたくさん怒られてきました。もう、ずーっと怒られっぱなし、叱られっぱなしです。フリーターでさえ、「社会人」という印籠をかざされて怒られました。

 

その度に、

「社会階層の壁にタックルしながら生きたことがあるから、私はあなたより色んな世界知ってると思うよ。なーにが社会人としてだ。労働者としてって言えや。社会人って言葉に出したら、さぞ気持ちいいだろうね。中卒のフリーターが来てもまわる職場の契約社員が、労働者を社会人って言い換えるって、さぞ気持ちいいだろうね」と。

付き合っていた恋人にこちらから別れ話をした時にも

「まぁ、お前はそもそも中卒だから、社会人のことなんてわからないよ」

と、言われたり。社会人のあなたより可処分所得あったんだけど…定期的に表彰されてたけど…。

 

「社会人って言葉って、気持ちいいんだな。」

 

「社会人から見てお前は、」という枕詞を使った説教で一刀両断されるたびに思った。

 

社会人ってなんだよ。労働者なんだよ。労働者を社会人って言い換えるの、そりゃ気持ちいいだろうよ。大きいものに認められた感じがしてさ。労働者も素敵だよ。世界は誰かの労働によって成り立っているもの。でも、それを「社会人」っていう、定義はよくわからないけれど、なんかデッカい言葉で自分を隠すのどうなんだ。ついでに言えば勤労と納税と、教育資本のない人は社会の人じゃないのかよ と。(こういうことを卒論のテーマにしています)

 

先日、「そういや、社会人の定義や対義語ってなんだろう?」と思い、ググってみたら、定義は「労働が生活のメインになっている人」で、対義語は「学生」もあれば「ニート」もある。

対義語が複数存在している時点で定義ってないのでは…?ニートの定義によれば、学生はニートに入らないし。社会人ってなんなんだ。

 

「社会人」っていう言葉を使って「認められた存在だ」と思いたい人たちがたくさんいるんだな と思う。

新卒の方で、学生と労働者生活でギャップを感じるた方は「先輩がおっしゃる社会人って労働者ですよね?w 社会人って言うのってやっぱ気持ちいいんスか?www」ってきいて、居座るなり、私の分の椅子を空けておくなりしていただきたいです。私の椅子をあけてくれ…!そこに私は入り込んで労働がしたいです。15歳から労働者だし、労働に飢えている!