30歳だけど新卒で就活する

本当は28歳です。

3/25.5 女子大生はなぜドタキャンするのか

現役女子大生が「女子大生は3割ドタキャンする」と、言っていた。

昨夜の飲み会に関しては8割ドタキャンした。参加した女子大生はアラサーである。

早めに言ってもらえればバラしにだってできたのに。

 

その「女子大生は3割ドタキャンする」という新書のタイトルにありそうな言葉を放った女の子に、「なんで女子大生はドタキャンするの?」とたずねてみた。

 

「はっきり断れないからです」

 

なるほど!

彼女によると、

・同調欲求がつよい

・嫌われたくない

という欲求が男子学生より女子学生の方が強いため、はっきり断れない人が多いのだそうだ。

「前日(or当日)まで、悩んだんだけど〜」という言葉をつけて、絶対に前々からわかっていたであろう予定を盾に、ギリギリでキャンセルを告げる。どうやら昨夜に限らずよくある話らしい。

 

「では、女子大生にキャンセルされないためには、指先一つでバツ印がつけられる調整さんのようなアプリを使った方がいい?そしたら、理由を言語化しなくても来るor来ないを表明できるから、女子大生も断りやすいかも?」と、きいたら、「や、念押しですね」と。

 

「今回、2人で遊ぶんじゃなくて、結構な人数が裏で準備に入ってるから、ドタキャンは困るんだけど、その点大丈夫?」

「断るなら断るでハッキリ言ってくれた方が嬉しいし、こちらのためでもあるから、ハッキリ言ってくれていいよ」

など。ふむふむ。

そうだよねぇ。まぁ、同期といえ年上だし断りにくいっちゃ断りにくいよなぁ。

女子大生にドタキャンされないためには

「念押し」

が重要なのだそうです。

 

とは言うけれどさ…、そこまで私はやらなきゃいけないのか??とも思う。

準備に入ってくれてる人や、楽しみに待ってる人、予定を調整した人がいることを想像すること。自分が他人に預けたスケジュールに責任を持つこと。そんなことも出来ずにね、やれ就活だ、やれ社会人になるだ、ちゃんちゃらおかしいんですよ。
「前日や当日まですごく悩んだんだけど」というのは、クッション言葉でも、礼儀でもマナーでもなんでもないぞ。悩んだら人に相談して解決して、動く。ハッキリさせることが大事なんですよ。あなたが何を考えていたかは、こちらとしては本当にどうでもいい。何を考えていたかなんて、こちらの行動になんの影響もないし。ハッキリしましょうよ、ハッキリ。

 

それに、女の子って何かを断らなきゃいけない機会も多いと思う。断れない女は不幸になるよ。自分の意思を表明することで嫌われることはほとんどない。伝え方なんてたくさんあるし。だから大丈夫。きちんと余裕をみてハッキリ態度を決めてください。

どっちつかずの態度をとって、ギリギリでキャンセルするだの、「行けたら行く(=来ない)」だの。「そっちが勝手に盛り上がってやったことでしょ?」って感じなのかな?まぁ、たしかにその通りなんだけど。

昨日作ってもらったサラダの残りを食べてるんだけど、胸が痛いよ。