読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳だけど新卒で就活する

本当は28歳です。

3/3 生粋の女子校育ちの30歳、女の子の日に女の子の仕事について考える

3日目。3日ぶりに自宅に帰りました。わーい。お酒が飲めたドン!

 

イェーイ!みんなー!

ぼんぼりに、灯ぃ点けたぁー?

 

今日は

・OB訪問をする

・書店や図書館を巡る

・スーツのアイロンがけをする

・履歴書のお手本ver.を作って印刷する

・ドラマ『奪いあい、冬』をチラチラ見る

・心の中で、見逃したドラマ『下剋上受験』を応援する

などをして過ごしました。

大谷亮平さんのことは、『逃げ恥』の頃に「あの竹野内豊さんの色違いは誰なんだ…」と思いました。いまは「金城武さんの色違いだ!!」と思うようになりました。

 

はてさて。

ひな祭りといえば、「雛人形を長いこと出してると娘の婚期が遅れるよ」という言い伝えが有名ですね。婚期の早い遅いって、何時代を基準にしているのか と。

私が大学に入学した時、当時18歳くらいだった子らに「ご結婚されてるんですか?」ということを、「今まで何してたんですか?」より先に聞かれました。

 

たかだ「これから!」

 

と、だけ。話が長くなりそうだから。

 

そんな、私も彼女も、大学3年になり、就活をはじめたわけです。

私は中学も女子校、高校は…行ってないけど趣味は女ばかりが没頭するやつで、バイト先も女ばかりで、大学も女子大。生粋の女子集団育ちです。

世の中には、男と女が半々くらいにいますよね。女ばかりの環境に長いこといる私は、世間と比べて現実味の薄い生活を送っているのかもしれません。

女子大の就活をしている子、さらに言えば、私が所属している家族福祉学/家族社会学ゼミの子は「福利厚生」「育休後の職場復帰」ということをよく口にします。もしかしたら彼女らの方が現実味のある考え方なのかもしれません。でも、私にはできない。わからない。

 

「や、それよりお金っしょ」

 

と。

 

なんの仕事もしていない人に、福利厚生望まれても……。あぁ、こういうの、所謂“呪い”なのかなぁ。とりあえず、何は無くとも働いてみたらよくない?!と思ってしまうんだよね。

 

私は彼女らよりも「妙齢」なわけで、現実的に考えなきゃいけないんでしょうけど。今は結婚も子どもも考えられないし、恋人もいないから考えられないんですけど、とりあえず目先のことに集中して、生活をきちんと成り立たせてから考えないといけないな と思っているので、私はお金を稼ぎたいです。

男がどれだけ頼りになりますか?男だって車にはねられたら死ぬよ?女の人って、失業リスクに晒されることが多いですよ。リスク回避の1番単純な方法がお金だと思ってますよ。私は。

稼ぎたい…ざわ…ざわ…。

 

一度でも「小麦粉を水で練ってフライパンで焼いて食べてた」「一人暮らしをはじめたけれど、給料日前に冷蔵庫を開けたら、前日の闇鍋の残りの食材しかなくて、蚕のサナギをオカズに白飯を食べる。一週間、ずっと蚕定食」っていう生活を送ったから尚更。

たかだのエピソードよ、ひきだしよ。

 

とりあえず、お金を稼がないうちから、まだ見ぬ旦那や赤ちゃんのこと考えるより、とりあえず目先のことをこなしていかない??

相手の稼ぎに期待してるときに、あなたは相手の性格とか吟味できるの?

 

って思ってしまうんです。

 

無色透明かつ重みもない存在とか、予測しきれない未来のために、なんで何の仕事もしてないうちから福利厚生とか求めてるのかなぁ?と。

そりゃ、法律で保障はされてますけども。

大学でも説明会でも「女性が働きやすい職場」って言われてもピンと来なかったなぁ。「女性だからこそ、お金いるよね?!?!とりあえず稼いでおかない?!」と思ってしまって、福利厚生云々言われてもいまいち響かなかったなぁ。

 

小麦粉を水で練ってフライパンで焼いたり、蚕のサナギ定食で一週間過ごした時代は、どんなに性格が合わない男性でもデートしようと必死になりました。好きになってお付き合いした男性も、なんで好きになったか って言われたら、「お金があるから」だったし、正直いって今でもお金がある人は優先順位が高いよ。

私は飢えた経験がある。その時に「いらないものをいらないと言えなかった」というのが悔しかった。

私はまだお金がある人が好きだ。でも、それを変えなくては私は幸せになれない気がする。そのためには私は稼がなきゃいけない。

「割り勘でいいから!!」

って言えるように。

「ご飯一回奢ったくらいでヤレると思うなバーーカ!」

って言えるように。

恋人が、結婚相手が、病める時にもチャレンジに失敗した時にも、「小麦粉を水で練ってフライパンで焼いたやつ」とか、「蚕のサナギ定食」とか食べさせなくてもいいように、女の私がきちんと稼ぎたいな。

そのためには、人によっては苦痛でしかないけど、自分にとっては苦痛もあるけど楽しくもやれる仕事に就きたいものだなぁ と思う。

蚕のサナギは、トムヤムペーストで炒めると美味しい。