30歳だけど新卒で就活する

本当は28歳です。

3/2 新卒(30歳)、「あやまんJAPANはサークルなのか」で悩む

就職活動2日目。

・家で予定の整理

・OB訪問のアポ取り

・ESの印刷

・社会人の先輩にESの添削をしていただく

・21時からテレ朝のドラマ、『就活家族』を見る

などをしました。

妻子持ちの男性を狙う女性が、本妻より地味で、夫についての情報の早さを誇ってくるところが妙にリアルだな と思いました。

 

 さて、「自分」について書き記すというのはなかなか気恥ずかしいものですし、どこを切り取ればいいものか悩みますね。特に私の場合、少し長めに生きているので、どのエピソードを使えば効果的なのかが絞りきれません。特に「ガクチカ」と呼ばれる「学生時代に力を入れたこと」の欄は本当に何を書けばいいかわかりません。「なにがガクチカだ!!何でも略せばいいってもんじゃないぞ!!!」と、私の心の中に棲む梅沢富美男さんが怒鳴っています。

 私は学生時代、アルバイトか飲酒、あとブログを書くことくらいしか特にやっていなかったような気がします。大学に入って、サークルには所属しませんでした。唯一、所属したサークルのようなものが「あやまんJAPAN」でした。「あやまんJAPANのどの人?!」と思われる方もいらっしゃるでしょう。私はユースメンバーというポジションで、メインのレギュラーメンバーの3人の周りで賑やかしをするポジションです。よくいえばジャ●ーズJr.のような。すみません、よく言い過ぎました。でも、『金スマ』の「赤」よりかは存在感はあるような。

 「テニスの王子様の夢小説サイトをつくり、14歳の処女なのに18禁小説を書いて、ランキングで1位を穫り続けたオタクだった。その際にHTMLを覚えた」「熱狂的なバンギャで、全国40人の組織をまとめあげ、各地で最前列争奪戦を繰り広げたり、全国津々浦々旅したりした。バンギャやめて10年経って、当時の思い出を書き綴ったブログが検索上位にいる。私はバンギャ界のゴッホかもしれない」というエピソードもあるのですが、いずれも「消費する趣味」なんですよね。そもそも学生時代の話じゃないですし。消費に傾倒するだけでは足りなくなり、もっと人のことを楽しませる側にまわって、「ステージをつくること」を体験したくて、オーディションを受けたのが「あやまんJAPAN」なんですよね。色んなイベントに出演させていただいたり、年末に「大忘年会」と称したワンマンライブやったり。Yahoo!ニュースにも載ったんですよー。「目標を共有して、あとは各々のキャラに任せる」という、最高のチームだと思うんですけど、これ、サークルに入りますかね?

 あやまんJAPANユースメンバー加入以降、どんな飲み会に行っても、みなさん一瞬で私の顔と名前を覚えてくださるようになりました。あやまんJAPANのメンバーで就活してる人、私しかいないので、履歴書にESに書いたらインパクトあるよなぁ。

 

ちなみに、あやまんJAPANユースメンバー、現在も絶賛募集中です。目指せ100人!就活で差がつくかはわかりません。明るいヤリマン(やる気まんまんな女の子)からのご応募お待ちしております!

歓送迎会、結婚式、新年会、忘年会などへの派遣も承ってます。DDD(どこでも、誰でも、大丈夫)!!

あやまんJAPAN株式会社

(私の写真はHP上に載っていませんが、ブログのどこかにちらほら登場しています)

 

3/24(金)には両国SUNRIZEでワンマンライブやります。

ameblo.jp

私は説明会の抽選に当たったら、リクスーで会場入り、からの、ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー!